近年、我が国では自然災害による被災者数が増え続けています。各自治体では緊急時に必要な生活用品等を備蓄し災害対策を施していますが、一方でこうした防災意識は個人の間にも浸透しつつあり、万一の際の生活必需品一式が揃った「防災セット」等を常備する世帯が増えています。







〔 衛生用品は 防災対策の要 〕
まず、災害現場というのは明らかな“非日常”状態です。すなわち、通常の生活環境とは一変した“劣悪・異様”な状況下に置かれていると言えます。たとえば、避難所等では多くの人が身支度する間もないまま逃げ込んでくるため、衛生環境は一気に悪化します。中には汚泥にまみれた人々も、命からがら身を寄せてきます。こうした緊急状況の中、衛生状態の良し悪しによって避難者を区分けしたり制限することなど決してできません。

災害時において、多くの人が押し寄せてくる避難所等が細菌やウイルスによって汚染される事態は、もはや避けようがありません。事実、震災現場でもノロウイルスによる集団感染のニュースが流れたのは、記憶に新しいところです。加えて、避難所には体力を奪われた高齢者や子どもが大勢含まれます。身体的疲労に増して精神的な不安感や心労が重なることで免疫力が一気に低下し、普段以上に感染症にかかりやすくなってしまいます。こうした現場においては、感染菌が持ち込まれることを大前提として対処を施す必要があり、具体策として避難所内および周辺域の殺菌・消毒が有効です。

こうした被災地の現況に対して、衛生対策はどうなっているのかと言えば、決して十分とは言えません。たとえば、災害現場ではいかなる細菌やウイルスまたは有毒物質が発生するのか予測がつきません。汚水や土壌からダイオキシン等が漏れ出す危険性もあり、そうなると市販の殺菌剤では全く用を足さなくなります。現に、ノロウイルスでさえエタノールによる消毒では全く歯が立ちません。次亜塩素酸ナトリウムで対処しようとしても、塩素臭が立ち込めて却って避難者の体調を崩すことさえあります。予測不能な災害現場においては

 ①あらゆる細菌やウイルスを死滅させ
 ②人体に無害で安全かつ臭気を発生させない
 ③長期間備蓄しても変質しない 最先端光触媒Gミストが最適と言えます。



防災セットに衛生用品を加えて 他社との差別化 〕
個人用の防災セットに関しても同様です。装備品のラインアップを見る限り、どれも避難所に備蓄してあるものが目立ちますが、肝心の殺菌消毒や消臭を行う衛生用品は、ほぼ装備されていないようです。何故、装備一覧から外れているのでしょうか? これは決して、優先順位が低いからではありません。衛生用品はむしろ、災害時には非常に重要な必需品目です。にも関らず装備されていない理由は、防災セットの販売会社が条件に合致する最適商品を調達できなかったからに他なりません。結果、除菌ティッシュや消毒用アルコールなどで代用していますが、これを使ってノロウイルスや有害物質による二次感染や中毒を防ぐことはまず不可能です。

更に、防災セットに衛生用品を加える必要性ならば他にもあります。災害時に防災セットを活用しようと思えば、まずは防災セット自体が清潔な状態でなければなりません。この大前提は、果たしてクリアーできているのでしょうか? 防災セットと言えば通常、埃の立つ玄関先や湿気の多い押入れの中で何年間も保管されており、この状態だけで既に不衛生です。仮にリビング等に常備していたとしても、災害時はすぐに汚染されてしまいます。いざという時に、肝心の装備品が汚染されていては全く意味を成しませんが、衛生用品が装備されていれば真っ先に防災セットを殺菌消毒することで、安全に使用できる状態になります。このワンロジックが付け加えられるだけでも、他社との差別化を一気に図ることができます。



この他、市販の使い捨てマスクを長く着用していると、布面に付着した病原菌が大増殖し非常に不衛生な状態となるため、4~6時間を目安に取り替えなければ却って体調を崩す原因となってしまいます。ましてや災害現場では周囲が汚染されているため、更に頻繁に取り替える必要があります。これに対して光触媒マスクであれば、布地に付着した病原菌類を絶えず分解除去しているため、安全な状態で何日間も連続使用することができます。備蓄量も少なくて済む分、割安な上に廃棄時のゴミの量も少量で、かつ汚染もされていません。

〔 商品のご案内 〕

1)地方自治体向け


自治体へのアテンドは、災害時の備蓄用として集団感染を防止する衛生用品
 ① Gミスト
 ② 光触媒マスク
 ③ Gケロッグ

を案内します。衛生用品に関しては既に準備している自治体がほとんどですが、商品力の圧倒的な違いを説明すれば、最先端光触媒商品の方が優れていることは容易に理解してもらえます。特に、安全性の高さは大いにアピールしたいところです。

但し、提案が受け容れられたとしても、直ちに購入に至るかどうかは不明です。提案時に追加で購入するか、使用期限到来後の更新時に購入するかは自治体の予算や方針等によって異なりますが、いかに小さな取引であってもまずは自治体との付き合いを始め、出入りの業者として顔を売ることが大切です。取引の実績を積むことによって今後、公立学校に対するGミスト導入の提案(教育施設への案内)等もしやすくなります。

【 本提案のポイント 】
緊急災害時に想定を超えて発生する病原菌類や有害物質にも対応できる
殺菌と消臭を同時に行い、時間が経っても復活することがない
原料は全て人体に無害で安全な物質。万一、誤飲した場合でも問題はない
長期間の保存に耐えられる。光触媒の性質上、劣化は起きない
マスクであれば備蓄量が通常の1割程度に抑えられ、保管スペースをとらない
破棄の際のゴミの量も少なく、かつ感染菌に汚染された状態でない
他社の光触媒商品では最先端ではないため、同じ効果は得られない
同一商品を販売している業者が少なく、随意契約となる可能性が高い
光が当たっていない夜間でも、病原菌を吸着し続ける





2)防災セット販売業者向け

防災セットを販売している業者、或いは一般消費者に既存顧客をお持ちの業者には
 ① Gミスト
 ② 光触媒マスク
 ③ 衛生災害セット

がお勧めです。各販売業者が紹介している防災セットの内容はどれもほぼ横並びで、突出したものはありません。こうなると他社との差別化を図ることが難しく、広告宣伝費を使った浸透戦術や商品代価を下げた価格戦術を採らざるを得なくなり、利益率が下がることによってコスト・パフォーマンスが悪化してしまいます。

ところが、一連の装備品に衛生用品を組み込むだけで、防災セットの付加価値は一気に高まります。そもそも衛生用品が標準装備されていない防災セット自体、本当に必要なものが揃っているとは言い難く、商品としてのスキがあると言わざるを得ません。「何故、入っていないのか?」と顧客に問われた際に、「必要ないから」と答えるしかありませんが、災害現場で衛生用品が必要でないはずがありません。実際に被災地の声を聞いても、衛生環境に対する不安は真っ先に上げられますので、むしろ最も優先順位の高い品目のひとつと言えます。

広告費を極力抑え、かつ価格も下げずに他社との競争に打ち勝つには、弊社の衛生用品を採り入れて差別化を図るのが得策と言えます。弊社では、①Gミスト ②光触媒マスクの他、両者を組み合わせた ③衛生災害セットを用意しています。衛生災害セットとは、殺菌消臭剤Gミスト(200ml用×3包)、光触媒マスク(3枚入)、ニトリル手袋1双、取扱説明書がセットになった徳用パッケージになります。噴霧用のスプレーボトルは、各自でご用意ください。弊社の専用ボトルをご注文いただいても結構ですが、100円ショップ等の方が割安です。また、既に防災セットを購入済みの顧客に対しても、セカンド商材として衛生災害セットを単品で案内することもできます。尚、収納用の巾着袋等は別途ご用意ください。




【 本提案のポイント 】
あらゆる細菌やウイルス、有害物質を無毒化できる
人体に無害で安全な成分。万一、誤飲しても問題はない
1本で殺菌と消臭を同時に行うことができる
光が当てっていない夜間でも、病原菌を吸着し続ける
長期間の保存に耐え、劣化しない
粉末状態の保存なので、保管スペースをとらない。
使用前に防災セット自体を殺菌消毒できる
通常の防災セットを、業界唯一の衛生防災セットとして差別化できる
付加価値が加わった分、販売価格を上げて利益を上乗せしても割高感がない
過去に防災セットを購入済の顧客に対しても、セカンド商材として案内できる
防災セットと切り離して単品で販売することもできる
販売価格を自由に設定でき、利益率は概ね50%以上となる
他の光触媒と比べた場合、比較優位性を常にアピールできる
取扱説明書付なので、市販のスプレーボトルでも対応可能









会社概要お問合せプライバシーポリシー|         Copyright© t-bridge.site All Rights Reserved. Web Design:Template-Party
会社概要お問合せプライバシーポリシー

Copyright© t-bridge.site
All Rights Reserved.
Web Design:Template-Party